スエード・ヌバック 2.革の種類別メンテナンス

起毛革(スエード、ヌバック)のお手入れ(コロンブスを使う)

投稿日:2018年10月4日 更新日:

2019年で創業百年の老舗企業コロンブス社の製品でスエードを手入れいたします。

スエードとは、革の裏面(床面)をサンドペーパーで起毛(バフがけ)した革です。素材は、カーフ(子牛)、ピッグスキン(豚革)が多いです。

ヌバックとは、革の表面(銀面)をサンドペーパーで起毛(バフがけ)した革です。ヌバック(nubuck)のバック(buck)は鹿のことです。昔は鹿革を指していましたが、現在は、牛革などの革の表面を起毛した革全般のことを指します。

起毛革の温かみのある質感は、秋から冬用の靴にマッチしていますね。

起毛革のお手入れは「ブラッシング」と「栄養補給」と「防水スプレー」がメインになります。

起毛革をブラッシングし、繊維を逆立てることとホコリ落としをします。起毛革という素材はホコリなどの汚れが毛の間に入りやすいという欠点があります。

いっぽう、起毛革という素材はスプレーが毛にからみやすく、防水スプレーとの相性が非常に良いという長所もあります。起毛革の靴に防水スプレーをしっかりと吹き付ければ雨の日も大丈夫です。いや、雨の日こそ起毛革の靴とも言えます。

まずは、スエード用ブラシで靴全体をまんべんなくブラッシングをして繊維を逆立てます。通常は繊維を逆立てると色が薄く見えます。(逆の場合もたまにあります)。ブラシは繊維をしっかりと逆立てるために、金属製のワイヤーの毛が入っているブラシになります。ブラッシングの過程でホコリなども落ちます。


コロンブス スエードブラシ


コロンブス ジャーマンブラシ10 スエードブラシ

ブラッシングが終わりましたら、栄養補給をします。

コロンブス ヌバック・スエード栄養ミスト
起毛革に栄養を与え、色調を鮮やかにします。保湿。保革効果のローズヒップオイルも配合。ニュートラル(無色)なので、どんな色の起毛革にも使えます。

さらに防水スプレーもしましょう。

コロンブス Boot Black ブートブラック ウォータープルーフ
皮革の繊維一本一本にフッ素系撥水。撥油剤をコーティングすることにより水分、ホコリ、ゴミ、油分等の汚れから靴を護ります。

スプレーの使い方ですが、換気の良い場所で、靴から30cm~50cmほどスプレーを離して、靴全体にまんべんなく吹き付けます。吹き付けが終わりましたら、10分ぐらいで乾きます。乾いたら最後にもう一度ブラッシングをして(この時はワイヤーブラシで)毛並みを整えます。ブラッシングは繊維の流れを見極めるために、色々な角度でブラッシングをしてみてください。綺麗に毛並みが揃う角度が見つかると思います。

これでお手入れ終了です。簡単ですね。日常のお手入れはこれだけで大丈夫です。

【靴が新品の場合】

スムース革(ツヤ革)のページでも書きましたが、新品の靴は乾燥をしている場合が多いです。起毛革でも同じことが言えます。新品時のお手入れは、上記に書きました「ブラッシング」と「ヌバック・スエード栄養ミスト」を3回繰り返してください。そして最後に防水スプレーを吹き付けてください。そうすることによりまして、乾燥した起毛革にしっかりと栄養成分が補給され、防水効果もバッチリです。

【汚れがひどい場合】

ワイヤーブラシ以外にゴム製のブラシもあります。

コロンブス ブートブラック クリーニングバー ナチュラル(天然ゴム100%)
皮革についた汚れを吸着し、落とします。汚れた部分をやさしく擦って落としてください。力が入りすぎてもゴムが曲がって圧力を逃してくれます。

どちらかと言えば、ワイヤーブラシは毛並みを整える用、クリーニングバーは汚れ落とし用に向いています。


コロンブス Boot Black ブートブラック スエード クリーナー
起毛革(スエード・ヌバック・ベロア等)靴専用のスプレータイプの汚れ落としです。真球の微粒子ナイロンパウダーを配合ししています。パウダーが汚れを吸着し、起毛側を滑らかにします。スムース革用で言うならば「レザーローション」の役割に相当します。

【起毛革が色あせをした場合】

起毛革の特性としまして、色あせがしやすいということが言えます。起毛革の色が薄く白っぽくなってきた場合、汚れているのではなく、色あせをしている場合が多いです。この場合は補色をしましょう。

コロンブス ヌバック・スエード補色ミスト
色あせした起毛革の色を補い、色彩を鮮明に保つ補色剤です。、保湿・保革効果のあるローズヒップオイル配合で、お手入れによって革をしっとりと柔らかく保ちます。ミストのノズルは、拡散しにくい設計になっているので、つま先など部分的な摩擦や汚れで退色した部分のケアにもお使いいただけます。

【最終手段は洗いです】

ブラッシングをしても、汚れ落としでこすっても汚れが落ちない。長年靴を履いていて、塩吹き(足の汗が革に染み込んだ現象)がしてきた。靴が臭くて臭くてどうしようもない。このような場合は、最終手段として靴をシャンプーで洗います。

[コロンブス] columbus スニーカーケアシャンプー Leathers & All materials
皮革を硬くせず、色落ちしにくい皮革用柔軟剤を配合した弱酸性タイプ。起毛皮革靴を全体的に洗うためのシャンプータイプ汚れ落しです。スポンジに水を含ませて、シャンプーを適量含ませて洗います。よくこすって洗った後は、しっかりと絞ったタオルで起毛革表面をきれいにしっかりと拭いてください。

その後、靴を乾燥させます。靴が乾燥しましたら、一番上に書きました「ブラッシング」と「ヌバック・スエード栄養ミスト」をしてください。

これで、起毛革(スエード、ヌバック)のお手入れは一通り終了です。

-スエード・ヌバック, 2.革の種類別メンテナンス

Copyright© 靴磨きをしたら人生変わったwww , 2018 All Rights Reserved.