靴磨き クリーム 1.靴磨きの方法と道具

ポリッシュを塗って仕上げよう

投稿日:2018年9月12日 更新日:

汚れ落とし、靴クリーム塗布、ブラッシングと進んできましたが、最後にポリッシュを塗って仕上げましょう。

ポリッシュ
ブートブラック シューポリッシュ

ポリッシュの成分は、ワックス分、油分、有機溶剤が主ですが、特にワックス分が多く入っています。ポリッシュを塗る効果は、革靴に光沢を与えるとともに、雨やほこり等から革靴を保護する役割があります。車に塗るワックスと似ていますね。

ポリッシュも色々なカラーがありますが、あまりこだわらないのであれば、靴クリームさえ革靴と同じカラーを使っていれば傷などの補色は出来ますので、ポリッシュはニュートラル(無色)だけでもいいと思います。車のワックスも基本は無色ですよね。ただ、革靴は年数が経つと革が色あせをしてきます。色あせがしてきたら、革靴と同色のポリッシュを使うとよいと思います。あるいは、革の色あせが革のアジと感じるならば、あえてニュートラル(無色)を選んで色あせ感を見せても良いかと思います。

ポリッシュも靴クリームと同じで、例えばブラックのポリッシュには黒の顔料以外にも赤や青の顔料も含まれています。黒だけよりも、赤や青の顔料を配合することでポリッシュを塗った後、より深みのあるブラックになります。こだわるのであれば顔料の配合のバランスもありますので、ポリッシュは靴クリームと同じカラー、同じブランドの商品を使うほうが良いです。また、ニュートラルは無色のため顔料は入っていませんので、同じブランドでなくてもよいと思います。
顔料に関するお話はこちらのページ

ポリッシュの塗り方ですが、ポリッシュをコットンなどの布にとり、薄く均一に塗ります。塗り終わったら、コットンの綺麗な部分を使って全体を磨き上げていきます。この後、パンティストッキングで磨き上げて終わりにしても結構です。パンティストッキングで磨くと、かなり綺麗になりますよ。@伸太郎は学生時代ラグビー部でしたが、革のラグビーボールを最後にはパンティストッキングで磨き上げていました。化学繊維は革を光らせやすい性質があるようです。

あるいは当店が販売しているムートングローブクロスという商品があります。

ムートングローブクロス
ムートングローブクロス

人工羊毛(化学繊維)で出来ていますので、最後の仕上げに使うとピカピカになります。
ピカピカに仕上がりました。
ピカピカ

ポリッシュに関してよく言われることですが、「ポリッシュを塗ると革が息を出来ない」という表現があります。ポリッシュは革表面に膜を作りますので、革の通気性が悪くなるという意味です。革靴がたとえ汚れていなくても、1ヶ月から2ヶ月に1回ぐらいは、汚れ落とし用クリーナーで古いポリッシュを取り除いて革に息をさせてやってください。

【成分のワックスに関して】

植物系ワックスは革の表面に薄い保護膜を作り、水分が蒸発しすぎないように調整する働きがあります。代表的な植物系ワックスであるカルナバワックスは、光沢が強く、ワックス自体も硬い性質があります。

動物系ワックスは革をなめらかにし、撥水性を与え革を保護する働きがあります。代表的な動物系ワックスであるビーズワックス(蜜蝋)はミツバチの巣を形成している成分で、柔らかいワックスです。

硬い植物系ワックスと柔らかい動物系ワックスを混ぜてポリッシュの成分にしている場合も多いです。

-靴磨き クリーム, 1.靴磨きの方法と道具

Copyright© 靴磨きをしたら人生変わったwww , 2019 All Rights Reserved.