靴磨き クリーム 1.靴磨きの方法と道具

靴クリームとは(その4)

投稿日:2018年8月17日 更新日:

靴クリームとは(その1)では「乳化性」靴クリームの話を書きました。

乳化性に対して、「油性」の靴クリームもあります。その代表がサフィールノワール クレム1925です。

サフィール ノワール クレム 1925 (75ml)ブラック
サフィール ノワール クレム1925

油性であるため、水分が入っていません。そこで、メーカーさんも推奨していることは、クレム1925を塗る前に汚れ落としも兼ねて、乳液を塗ってください、ということです。

サフィール レザーバーム ローション
サフィールノワール レザーバーム ローション

乳液には水分が含まれていますので、クレムの欠点を補えます。

サフィールノワール クレム1925の「1925」とは、1925年のパリ万国博覧会で金賞を受賞したことに由来します。

伝統的な製法ではありますが、高級蜜ロウ(ビーズワックス)やカルナバワックス、シアバターなどが配合されている、とても栄養価の高い靴クリームとなっています。

油性靴クリームの最大の特徴は、その光沢と発色にあります。例えるならば、水性マジックと油性マジックの違いを思い出してください。油性マジックには光沢がありますよね。

サフィールノワール クレム1925は、独特の風合いと美しい光沢と発色があります。油性に由来するため光沢が強いクリームですので、靴をピカピカにしたい人向きです。

逆にワークブーツなど、ピカピカにはしたくないという人は、別の靴クリームをお選びください。

乳化性の靴クリームと比べるとお値段は高いですが、光沢を求めたい方にはおすすめです。

クレム1925は顔料系の靴クリームですが、ブラックには赤系の顔料が多く配合されていると噂されています。あくまで、噂ですが(^_^;)

-靴磨き クリーム, 1.靴磨きの方法と道具

Copyright© 靴磨きをしたら人生変わったwww , 2018 All Rights Reserved.